Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/metadata/1354
タイトルICTを活用した多主体間の長寿文化共有のためのシステム構築
タイトル別表記A proposal for constructing an ICT system to share longevity culture with multi agents and regions
作成者吉永, 敦征
畔津, 忠博
金, 恵媛
作成者別表記Yoshinaga, Nobuyuki
Azetsu, Tadahiro
Kim, Hyeweon
著者キーワード高齢者
ICT
長寿文化
デジタルデバイド
elderly people
longevity culture
digital divide
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
内容記述(抄録等)本研究の目的は、ICTを利用することにより多世代間及び多地域間において長寿文化を共有・理解するための仕組みを構築することであり、本論文ではシステムの概要およびその目的を述べる。多様な長寿文化の理解は、高齢者も含めた多世代からの情報提供から始まる。しかしながら高齢者は一般にICTの利用に長けていない場合が多く情報の発信を十分に行なっているとはいえない。日常生活の中に高齢者についての情報があふれているわけでもない。高齢者像については、偏った情報の蓄積による固定観念の強化、あるいは独断的な判断同士による対立などが散見される。高齢者とそれ以外の世代には相互交流が少なくお互いの情報共有が困難な場合も多い。本稿では本学の新入生に対して高齢者像や長寿文化に関するアンケート調査を実施し、その後に一定の刺激(学習)を与えることで生じる変化を考察する研究手法について述べた。授業と連携させることで多世代の中で若者が持っている高齢者への関心・高齢者像をクローズアップできる調査環境、体系的なシステム基盤づくりを目指す。

The main purpose of our research project is to construct an ICT system that enables us to understand and share the culture of elderly people. In this paper we focus on describing the importance of such a system and make an outline of it. The culture of elderly people can be revealed only if we can access a great amount of information about their life styles, customs and action. Stereotypival characterizations of elderly people, however, are made and held in our society. Doxa concerning elderly people are result from lack of information about them and such circumstances strengthen prejudice toward them. We presume that more information will resolve this situation and lessen prejudices in our society. Currently, elderly people are excluded from the ICT environment and only few of them make full use of ICT. It is difficult to access information about the elderly not only in our daily life but also on the Internet. As a result, elderly people and other members of our society are not in positions benefical for understanding each other, rather they are mutually excluded. To verify our hypothesis, we will collect stereotypical images of elderly people held by young people and perform an experiment to see how their images will change after accessing information abaut elderly people.
出版者山口県立大学
出版者ヨミヤマグチ ケンリツ ダイガク
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN2189-4825
掲載誌名山口県立大学学術情報
9
開始ページ57
終了ページ60
発行日2016-03-31
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDYP60007000008
ファイル08.gen_YOSHINAGA.pdf ( 931.2KB ) 公開日 2016-04-27
地域区分山口県立大学