Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/metadata/1672
タイトル年齢階層別の要介護状態予防 : 主にフレイルに着目して
タイトル別表記Prevention of care-requiring conditions among different age groups: Focusing on frailty
作成者露繁, 巧江
寺田, 亜希
山崎, あかね
德田, 和央
中村, 文哉
田中, マキ子
吉村, 耕一
作成者ヨミツユシゲ, ヨシエ
テラダ, アキ
ヤマザキ, アカネ
トクダ, カズヒロ
ナカムラ, ブンヤ
タナカ, マキコ
ヨシムラ, コウイチ
作成者別表記Tsuyushige, Yoshie
Terada, Aki
Yamazaki, Akane
Tokuda, Kazuhiro
Nakamura, Bunya
Tanaka, Makiko
Yoshimura, Koichi
著者キーワード要介護状態
フレイル
栄養
口腔機能
運動機能
Care-requiring condition
Frailty
Nutrition
Oral function
Motor function
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
内容記述(抄録等)健康長寿を達成するためには、要介護状態を未然に防止することが重要な課題である。65歳未満では、主な要介 護の要因は生活習慣病関連であり、生活習慣病への対策が最優先である。65歳から75歳未満では、主な要介護の要 因が生活習慣病関連とフレイル関連の両方であるため、両方への対策が必要である。75歳以上では、主な要介護の 要因はフレイル関連であり、フレイルの予防と悪化防止が最重要である。特に、フレイル予防は幅広い年齢層に及 ぶため、各年齢階層において留意すべきポイントを理解することが望まれる。

To promote good health and a long life, it is essential to prevent care-requiring conditions. For those who are 64 years of age or younger, measures taken to prevent lifestyle-related diseases must be preferentially implemented because they are major factors for the care-requiring conditions. Among the 65-74 years old age group, measures to prevent lifestyle-related diseases and frailty must be implemented, as both are major factors for care-requiring conditions. For those above the age of 75, measures to prevent frailty must be preferentially implemented given that it is a major factor for the creation of care-requiring conditions. Because prevention of frailty should be implemented widely, and among different age groups, it is necessary to understand the important aspects of frailty prevention as they relate to each age group.
出版者山口県立大学
出版者ヨミヤマグチ ケンリツ ダイガク
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN2189-4825
掲載誌名山口県立大学学術情報
14
開始ページ157
終了ページ162
発行日2021-03-31
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDYP10022000013
ファイル13.grad_TSUYUSHIGE.pdf ( 1.8MB ) 公開日 2021-05-31
地域区分山口県立大学