Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/metadata/1571
タイトル職種間連携による病棟での栄養ケアに必要な要因の検討
タイトル別表記Examination of the factors necessary for nutrition care in the ward by cooperation
among occupations
作成者内田, 朋子
横山, 正博
吉村, 耕一
人見, 英里
作成者ヨミウチダ, トモコ
ヨコヤマ, マサヒロ
ヨシムラ, コウイチ
ヒトミ, エリ
作成者別表記Uchida, Tomoko
Yokoyama, Masahiro
Yoshimura, Koichi
Hitomi, Eri
著者キーワード栄養ケア
職種間連携
看護師
管理栄養士
nutrition care
interdisciplinary
nurses
registered dietitians
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
内容記述(抄録等)本研究では、病棟における栄養ケアに必要な要因の検討を行うために山口県内の38医療施設を対象とし、栄養管理において中心的な役割を担う看護師と管理栄養士に対して、病棟で行われている栄養管理の実態把握と、職種間連携の現状についてアンケート調査を実施した。病棟での栄養ケアは、異なる専門性を持った職種の集まりにより実施されているため、情報共有や職種間の調整が必要であり、栄養状態の改善という共通の課題を達成するために、各専門職種が専門分野を超えて横断的に役割を共有していく必要があることが示唆された。

In this study, surveys were conducted in 38 medical facilities in Yamaguchi Prefecture to examine factors that are necessary for nutritional care in wards. Furthermore, surveys were conducted among nurses and registered dietitians who play a central role in nutrition management in the wards. Questionnaires were also conducted on grasping the actual condition of nutrition management and the current state of interdisciplinary collaboration. Since nutrition care in wards is implemented by a group of professionals with different expertise, information sharing and interdisciplinary collaboration is necessary. In order to achieve a common goal of improving nutritional care, it is a requirement for each professional to share roles equally by going beyond individual professional frameworks.
出版者山口県立大学
出版者ヨミヤマグチ ケンリツ ダイガク
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN2189-4825
掲載誌名山口県立大学学術情報
12
開始ページ141
終了ページ160
発行日2019-03-29
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDYP1002000012
ファイル12.grad_UCHIDA.pdf ( 2.6MB ) 公開日 2019-03-29
地域区分山口県立大学