Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/metadata/1567
タイトル子どもの頃の食に関する経験が大学生の食生活に与える影響
タイトル別表記Influence of childhood dietary experience on dietary habits of university studentsManuscript Kanjur
作成者井上, 寿美香
片山, 久美子
陳, 暁倩
中村, 幸一郎
金子, 祐大
齋藤, すが代
戸川, 桂一
森重, 恵介
森本, 陽子
草平, 武志
吉村, 耕一
人見, 英里
作成者ヨミイノウエ, スミカ
カタヤマ, クミコ
ナカムラ, コウイチロウ
カネコ, ユウダイ
サイトウ, スガヨ
トガワ, ケイイチ
モリシゲ, ケイスケ
クサヒラ, タケシ
ヨシムラ, コウイチ
ヒトミ, エリ
作成者別表記Inoue, Sumika
Katayama, Kumiko
Chen, Xiaoqian
Nakamura, Koichiro
Kaneko, Yudai
Saito, Sugayo
Togawa, Keiichi
Morishige, Keisuke
Kusahira, Takeshi
Yoshimura, Koichi
Hitomi, Eri
著者キーワードリアリティショック
学業
医療福祉系
大学生
reality shock
schoolwork
healthcare and welfare
university student
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
内容記述(抄録等)本研究では、大学生の食生活の現状とともに、子どもの頃の食に関する経験と大学生の現在の食生活との関連性を明らかにするため、食に関する専門教育を受けていない大学生296名を対象に、子どもの頃の食に関する経験と現在の食生活に関する質問紙調査を行った。現在の食事摂取状況では、朝食だけでなく夕食の欠食者も見られたが、一方で食事に対する良い行動を心がけている者も多く見られた。また、一人暮らしの大学生において、昼食と夜食について、子どもの頃の摂取状況が現在の食事摂取状況に影響を与えており、子どもの頃に食育を受けた記憶がある者では、現在もその食育が役立っていると感じていた。以上のことから、大学生の食習慣の適正化のためには、現状の食習慣を見直すだけではなく、子どもの頃の食習慣や食育が重要であると考えられた。

In this research, 296 university students who do not receive specialized education on food were targeted. A questionnaire on childhood dietary experience and current diet was conducted in order to clarify the current situation of dietary habits of university students and the relationship between the childhood dietary experience and current dietary habits,. For the current meal-intake situation, not only breakfast but also dinner was absent.However, many students attempted to eat well-balanced meals. Students living alone tended to eat lunch and late night snacks. The state of intake during childhood influenced their current meal-intake situation especially on lunch and late night snacks. The subjects who had food education as children felt that the education was useful. These results suggest that in order to optimize the dietary habits of university students, not only a review current of dietary habits, but also habits and education as children were deemed important.
出版者山口県立大学
出版者ヨミヤマグチ ケンリツ ダイガク
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN2189-4825
掲載誌名山口県立大学学術情報
12
開始ページ105
終了ページ114
発行日2019-03-29
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDYP1002000008
ファイル08.grad_INOUE.pdf ( 1.8MB ) 公開日 2019-03-29
地域区分山口県立大学