Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/metadata/1557
タイトル中学校新学習指導要領から見た「総合的な学習の時間」の課題
タイトル別表記Problems of "the Period for Integrated Studies" in the New Course of Study for Junior High Schools
作成者吉岡, 一志
作成者ヨミヨシオカ, カズシ
作成者別表記Yoshioka, Kazushi
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
内容記述(抄録等)本研究の目的は、平成28年に公示された「総合的な学習の時間」の中学校新学習指導要領を事例に新旧の学習指導要領の対比を行い、「総合的な学習の時間」の要点を整理するとともに、その課題を明らかにすることである。分析の結果、第一に、カリキュラム・マネジメントが強調されるにあたり教科等間、学年間、各学校段階間の連携が密度を増していくことにより、教師の負担が大きくなる懸念があること。第二に、「社会に開かれた教育過程」の方針が言語能力を中核とした「コミュニケーション能力」に収斂される傾向にあることから、「コミュニケーション能力」以外の能力が看過される恐れがあることを指摘した。
出版者山口県立大学
出版者ヨミヤマグチ ケンリツ ダイガク
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN2189-4825
掲載誌名山口県立大学学術情報
12
開始ページ91
終了ページ96
発行日2019-03-29
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDYP65003000012
ファイル12.gen_YOSHIOKA.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2019-03-29
地域区分山口県立大学