Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/metadata/1509
タイトル女子大学生の下肢筋力低下に関連する生活習慣の検討
タイトル別表記Association of lower-extremity weakness with lifestyle habits in female university students
作成者河本, 乃里
松元, 悦子
林, 瑞恵
田中, マキ子
中村, 文哉
人見, 英里
吉村, 耕一
作成者ヨミカワモト, ノリ
マツモト, エツコ
ハヤシ, ミズエ
タナカ, マキコ
ナカムラ, ブンヤ
ヒトミ, エリ
ヨシムラ, コウイチ
作成者別表記Kawamoto, Nori
Matsumoto, Etsuko
Hayashi, Mizue
Tanaka, Makiko
Nakamura, Bunya
Hitomi, Eri
Yoshimura, Koichi
著者キーワード女子大学生
下肢筋力
生活習慣
歩行活動
CS-30テスト
female university students
lower-extremity weakness
lifestyle habits
walking activity
30 second Chair Stand Test
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
内容記述(抄録等)若年女性の下肢筋力の現状と下肢筋力低下に関連する生活習慣因子を明らかにすることを目的として、山口県立大学の女子学生55名を対象とし、本研究を実施した。30秒椅子立ち上がりテストCS-30テスト)による下肢筋力測定の結果、標準未満に該当する女子学生が約2/3を占めていた。下肢筋力が低下している学生では、1日8,000歩以上歩いている割合と3メッツ以上の歩行を20分以上行っている割合がいずれも有意に低く、健康維持のための運動実施を自覚している割合も有意に低かった。若年女性の下肢筋力低下防止のためには、歩行習慣と健康意識が重要であることが示唆された。

The purposes of this study were to understand the current situation of lower-extremity weakness in young women and to identify the lifestyle factors associated with the lower-extremity weakness. The subjects were 55 female students in Yamaguchi Prefectural University. Lower extremity muscle strength assessed by 30 second Chair Stand Test were below average in about two thirds of the students. Both percentages of students who used to take more than 8,000 steps a day and those who used to walk at more than 3 METs for more than 20 minutes were significantly low in the students with lower-extremity weakness. Percentage of students who were aware of exercises to maintain good health was also significantly low in those students. Our results suggest that walking habit and health consciousness may be important for the prevention of lower-extremity weakness in young women.
出版者山口県立大学
出版者ヨミヤマグチ ケンリツ ダイガク
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN2189-4825
掲載誌名山口県立大学学術情報
11
開始ページ109
終了ページ115
発行日2018-02-28
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDYP10019000007
ファイル07.grad_KAWAMOTO.pdf ( 1.4MB ) 公開日 2018-04-12
地域区分山口県立大学