Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/metadata/1403
タイトルオリーブに関するアンケート調査およびオリーブ葉の有効活用についての検討
タイトル別表記Survey regarding olives and a study on the practical applications of olive tree leaves
作成者加藤, 元士
寺田, 亜希
内田, 綾乃
迫, 美咲
渡邊, 恭子
森山, 結香
Galue, Jorge
作成者ヨミカトウ, モトシ
テラダ, アキ
ウチダ, アヤノ
サコ, ミサキ
ワタナベ, キョウコ
モリヤマ, ユカ
作成者別表記Kato, Motoshi
Terada, Aki
Uchida, Ayano
Sako, Misaki
Watanabe, Kyoko
Moriyama, Yuka
著者キーワードオリーブ
オリーブ葉
未利用資源
Olive
Olive tree leaf
Unused resources
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
内容記述(抄録等)オリーブの実は、地中海地方で古くから食品として使用されており、近年、わが国でも利用が急速に広がりつつある。一方、オリーブの枝葉は、木の健康や種実の成長のために剪定されるが、ほとんどは利用されずに廃棄されている。しかし、オリーブ葉から抽出したポリフェノールの一種であるオレウロペイン(Oleuropein)には、血糖降下作用、抗酸化作用等の効能が報告されており、その有効利用が大いに期待できる。未利用資源であるオリーブ葉の様々な用途への利用の可能性を探索することを目的とし、山口県立大学栄養学科およびナバラ州立大学農学部の学生に対して、オリーブに関するアンケート調査を実施した。それと共に、山口県立大学栄養学科の学生には、オリーブ葉茶の嗜好調査を実施した。その結果、オリーブ葉と聞いて思い浮かぶイメージについては、ナバラ州立大学農学部の学生は生活や文化と密着している回答が多かったことに対し、山口県立大学栄養学科の学生では無記入が一番多く、葉に対するイメージは希薄であることが推察された。嗜好調査では、オリーブ葉茶に他の茶をブレンドすることでオリーブ葉茶100%より高い評価が得られ、嗜好性の向上がみられた。今後は、ブレンドに適している茶(茶外茶を含む)の検討やより好まれるオリーブ葉茶を検討していきたい。さらに、オリーブ葉茶のみならず、スパイスとしてのオリーブ葉の利用など、利用の幅も広げていきたい。
出版者山口県立大学
出版者ヨミヤマグチ ケンリツ ダイガク
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN2189-4825
掲載誌名山口県立大学学術情報
10
開始ページ77
終了ページ82
発行日2017-02-28
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDYPE0010000009
ファイル09.nursing_Kato.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2017-03-15
地域区分山口県立大学