Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/metadata/1396
タイトル大学生の心理特性と幼児期の遊び経験との関連について
タイトル別表記The relationships the psychological traits and the playing experience in childhood among for university the students
作成者佐々木, 直美
井原, 友里恵
讃井, 麻理
永冨, 史子
作成者ヨミササキ, ナオミ
イハラ, ユリエ
サナイ, マリ
ナガドミ, フミコ
作成者別表記Sasaki, Naomi
Ihara, Yurie
Sanai, Mari
Nagadomi, Fumiko
著者キーワード幼児期の遊び経験
外向性
自尊感情
Playing experience in Childhood
extroversion
self esteem
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
内容記述(抄録等)本研究では、大学生を対象として幼年期の遊びの経験と心理的特性(向性や自尊感情)の関連を質問紙調査を用いて検討した。回想的方法によって、大学生は3つの遊び(ごっこ遊び、鬼ごっこ、かくれんぼ)について遊んだ経験を評価した。遊びの評価から以下の4つのタイプに分類された。1)満足型:この群はすべての遊びで「集中して遊ぶことができた」と回答し、2)不安型:この群は1種類あるいは2種類の遊びで「不安な要素があり、遊びに集中できなかった」と回答し、3)回避型:この群は1 種類あるいは2種類の遊びで「ほとんどその遊びをしなかった」と回答し、4)不安+回避型:この群は3つの遊びのうち2つで「不安な要素があり遊びに集中できなかった」と「ほとんどその遊びをしなかった」と回答した。これら4タイプに関して分散分析を行った結果、満足型の自尊感情は回避型よりも高く、満足型および不安型の外向性は回避型よりも高かった。

In the present study, we examined the relationship the playing experience in childhood and the psychological traits(version and self-esteem) by the questionnaire survey intended for the university student. By the retrospective method, students assessed the playing experience about three plays(Makebelieve play, Tag, and Hide-and-seek). From the assessment of the playing, it was classified into the following four types. 1)Satisfaction type: Students in this group answered all playing, "It was possible to play by concentrating". 2)Anxiety type: The person in this group answered one playing or binary playing, "There was a nervous essence and it was not possible to concentrate on playing". 3)Avoidant type: The one of this group answered one playing or binary playing, "The playing was hardly done", 4)Anxiety and avoidant type: The person of this group answered both "There was a nervous essence and it was not possible to concentrate on play" and "The play was hardly done" about two of three playing. As results of the analysis of variance, concerning these four types, it became apparent the following. The self-esteem of Satisfaction type was higher than that of Avoidant type, and the extroversion of Satisfaction type and Anxiety type was higher than that of Avoidant type.
出版者山口県立大学
出版者ヨミヤマグチ ケンリツ ダイガク
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN2189-4825
掲載誌名山口県立大学学術情報
10
開始ページ11
終了ページ17
発行日2017-02-28
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDYPE0010000002
ファイル02.nursing_Sasaki.pdf ( 1.2MB ) 公開日 2017-03-15
地域区分山口県立大学