Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/un/metadata/850
タイトル南北朝期防長守護覚書(二)
タイトルヨミナンボクチョウキ ボウチョウ シュゴ オボエガキ 二
タイトル別表記Notes on the Bocho Shugo in the Nanbokucho Period(2)
作成者岩元, 修一
作成者ヨミイワモト, シュウイチ
作成者別表記Iwamoto, Shuichi
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
内容記述(抄録等)本論文は、南北朝期防長守護研究の一環として、貞治二年(一三六三)に大内弘世が南朝から北朝=幕府方へ帰服したことを示すとされる「山田聖栄自記」(『大日本史料』第六編二十五、四三頁)所収の島津「師久訴陳申状」に若干の検討を加えようとするものである。この検討を通して、従来大内弘世の帰服を示すとされてきた同史料については慎重な取り扱いが必要なことなどを再確認した。
出版者宇部工業高等専門学校
出版者ヨミウベ コウギョウ コウトウ センモン ガッコウ
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN0386-4359
掲載誌名宇部工業高等専門学校研究報告
59
開始ページ1
終了ページ8
発行日2013-03
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDUN20059000005
ファイル研究報告第59号5.pdf ( 466.6KB ) 公開日 2013-03-31
地域区分宇部工業高等専門学校