コンテンツメニュー

目標達成に向けて前進する女性について ~Anne DaggとAnne Eliotの比較事例研究~

Bulletin of Sanyo-Onoda City University Issue 5 Page 37-48
published_at 2022-03-31
SU10005000006.pdf
[fulltext] 4.92 MB
Title
On Women Moving Forward to Achieve Their Goals ~ A Comparative Case Study of Anne Dagg and Anne Elliot ~
目標達成に向けて前進する女性について ~Anne DaggとAnne Eliotの比較事例研究~
Creators IKEDA Yoko
Source Identifiers [ISSN] 2434-2866
Creator Keywords
女性 努力 達成する 激励する ロールモデル women effort achieve encourage role model
この論文では、障害に阻まれながらも目標を達成した2人の女性に焦点を当てる。その1人は実在の女性 Anne Innis Dagg博士(1933ー現在)で、もう1人はJane Austen作Persuasion (1818)の登場人物・Anne Elliotである。これら2人の女性が生きた時代や生活背景は異なるため、ここで論じる問題もそれぞれ異なるものであるが、女性だからこそ直面した 問題であるという点で共通している。また、2人にはあらゆる面で違いがあるが、目標達成に向けて努力を惜しまないこ と、強さを持ち合わせていることという共通点がある。周囲の人々の反応が、どのように彼女らに影響を与えたかを論じ つつ、各々が歩んだ道のりを辿る。その際、目標達成を励ますものを探るのみならず、彼女らを取り巻く社会の慣習にも目を向ける。これらの要素は、彼女達の行動や思考様式に、大きな影響を与えている。
本論文の目的は、女性達が目標達成のために行った弛まぬ努力を振り返ること、彼女達が前に進むことを阻んだもの を分析すること、そして、困難を克服する際に彼女達の支えとなったものを探ることである。ロールモデルがいることで、困難克服は、より容易になると考えられる。
Resource Type departmental bulletin paper
Publishers Sanyo-Onoda City University
Date Issued 2022-03-31
File Version Version of Record
Access Rights open access