Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/sc/metadata/1465
タイトル強力な企業社会,多国籍企業社会,新福祉国家 : ポスト・ケインズ派『利潤圧縮』モデルとの照応関係を中心に
タイトルヨミキョウリョク ナ キギョウ シャカイ タコクセキ キギョウ シャカイ シンフクシ コッカ : ポスト ケインズハ リジュン アッシュク モデル トノ ショウオウ カンケイ オ チュウシン ニ
作成者関野, 秀明
作成者ヨミセキノ ヒデアキ
資料タイプtext
内容記述(抄録等)代表的なNeoMarxianであるBhaduri&Marglin(1990)の標準的Kaleckianモデル批判(利潤圧縮)に対し,標準的KaleckianであるLavoie(1992)は,実質賃金率と利潤率,蓄積率との関係が「投資の能力利用度に対する反応係数(gu)」,「投資の利潤に対する反応係数(gr)」,「貯蓄性(sp)」の相対的な大きさに依存し,成長レジームが「賃金主導型成長レジーム(停滞論協調レジーム)」および「利潤主導型成長レジーム(停滞論コンフリクトレジーム,高揚論レジーム)」の(以下、略)
出版者下関市立大学学会
出版者ヨミシモノセキ シリツ ダイガク ガッカイ
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN0387-5296
掲載誌名下関市立大学論集
49
3
開始ページ11
終了ページ22
発行日2006-01
著者版/出版社版その他
リポジトリIDSC20049000302
ファイルフルテキストリンクなし
地域区分下関市立大学