Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
URIhttp://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/bg/metadata/2232
タイトル「内鮮一体」という練成――小尾十三「登攀」――
タイトルヨミナイセン イッタイ ト イウ レンセイ ーオビ ジュウゾウ トウハン
作成者田村, 栄章
作成者ヨミタムラ, ヒデアキ
著者キーワード内鮮一体
皇国臣民
外地
資料タイプtext
内容記述(抄録等) 小尾十三の小説「登攀」は主人公の教師である北原が、特に目を掛けている朝鮮人の教え子である安原壽善を立派な皇国臣民として導こうとする過程が描かれている。その内容が時局的基準からが選考基準で最も重要視されていた1944年8月第19回芥川賞を受賞した大きな理由であった。しかし、それはあくまでも安原壽善を立派な皇国臣民として導こうとする過程が描かれているだけであって、彼が日本人として立派な皇国臣民となったか北原の導きが結果として成功したのかといえば、そうとは言えない。むしろ朝鮮人青年の皇国臣民化とその先の内鮮一体化への困難を記した作品であると読めてしまうのである。内鮮一体という言葉に込められた論理を当時の状況から分析をした。
出版者梅光学院大学
出版者ヨミバイコウ ガクイン ダイガク
Nii資料タイプ紀要論文
本文言語jpn
ISSN1882-0441
掲載誌名梅光学院大学論集
53
開始ページ41
終了ページ53
発行日2020-03-31
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDBGR0053000003
ファイルフルテキストリンクなし
査読の有無査読あり
地域区分梅光学院大学